浄水器

シーガルフォー
シーガルフォー・クオリティの原点。それは、米国のゼネラルエコロジー社が飲料水を得る目的だけに開発した専用浄化媒体「ストラクチャードマトリックス」にあります。
活性炭や中空糸膜、セラミックなど、既存の技術を応用している一般の浄水器とは異なる「ストラクチャードマトリックス」。
シーガルフォー開発者のリチャード・T・ウィリアムス氏が米国の権威あるローレンス・リバモア研究所で携わった、原子爆発時に発生するさまざまな分子を振り分け、特定分子を捕獲する技術など、原子物理学を基礎とした独自の技術を結集。身体に有害な細菌や化学物質だけを取り除き、ミネラルなどはそのままに、水本来のおいしさを取りもどします。
そしてゼネラルエコロジー社では、あらゆる視点から耐久性、品質ともにさらなる向上を実現。厳正な国際基準が要求される航空機業界において、日本航空をはじめ多くの航空会社やエアバスインダストリー社の最新鋭旅客機「A380 」などに採用され、2005年には、宇宙航空製品の品質、安全、耐空性促進のための規格AS9100を取得。
本物の味覚を追求する有名レストランや一流ホテルでの評価はもとより、世界の航空機サプライヤーとしての信頼と実績こそが、卓越した浄水能力とクオリティの証です。


通常の残留農薬などの検査レベル「PPB」(10億分の1)をはるかにしのぐ「PPT」(1兆分の1)での検査をクリアできないものは、ロットごと破棄。
次代の指標となるクオリティの創造はゼネラルエコロジー社の真髄です。


接続パーツなど細部まで耐久性に優れたステンレスを厳選。ノズル先端部他、樹脂部分には抗微生物素材を採用。
カートリッジには、米国食品医薬局認可の耐高温接着材を使用。




シーガルフォーは、浄水能力のデータと第三者機関による性能評価、採用実績を公表しています。
フランスのパスツール研究所や(財)日本食品分析センターをはじめ、誕生以来、世界有数の検査機関による厳正な試験を繰り返し、浄水能力を実証してきました。
さらに、EPA(アメリカ環境保護局)の「化学物質を使用せず、有害な微生物を除去する装置における基準」にも適合。一つ一つのデータが揺るぎない安全性と信頼の礎です。


シーガルフォー


■カウンター据置タイプ
一般のご家庭やレストランなどで人気の高いベストセラーシリーズ。簡単に取り付けられるので、お買い上げいただいたその日からご利用いただけます。

■ビルトインタイプ
場所を取らず、デザイナーズキッチンにもマッチする新デザインを採用しました。既存の蛇口と別に設置し、水道水と浄水が同時に使える専用水栓タイプと、複合水栓タイプがあります。

シーガルフォー



グランドデュークス株式会社

お問い合わせ